腰痛について

腰の構造から見てみると、腰痛の原因である腰や背骨などの骨の歪みは腰痛だけではなく、体全体に色々な症状を引き起こすと考えられるでしょう。
背骨についても、普段の立ち姿勢では脊椎が自然なS字カーブをしていて、正しいバランスを取っています。
正しい骨の並びは、一定の姿勢をとることができす。
しかし骨の状態が歪んでいると健康的に姿勢をとることができず、椎間板、筋肉、じん帯などに負担をかけてしまうことになります。
骨格が歪んでしまうということは、頭から足まで全身にいろいろな影響がでてきてしまいます。

また、腰痛について筋肉と骨格の関係から見ていくと、腹筋や背筋を鍛えていても、かえって体を痛める結果にもなる場合があります。
筋肉は骨格で支えられているものですから、骨に歪みが出ている場合は筋肉が緊張をして支えることになります。
歪んだ骨格を支えている緊張した筋肉は、くせになっていることが多いので、くせのついたまま筋力トレーニングなどを行うと、首や腰などを痛めて、腰痛を引き起こしてしまうことにもなるのです。
[PR]
by banrai1 | 2008-03-05 12:11 | 腰痛